友と恋と空想と☆ 2

恋する青少年、いや老若男女は

誰しも空想の世界に恋する相手を登場させるはずですね。

 

 

前回のブログでも書きましたが、同じく空想するのに、成功してお付き合い出来た人と、出来なかった人の違いはなんだろうか?

 

 

始めに答えをお伝えしましょう。

 

 

空想を 本気楽しめたか? 楽しめなかったか?

の違いです。

 

 

『私は十分に楽しんだのにダメでした』という方。

 

楽しいつもりでいただけで、本心は楽しんでいなかったのです。

 

これは間違いありません

 

 

空想を現実化するのに、私の経験上 最も難しいのが『相手がいる事柄を現実化する』場合でした。

 難しい恋愛を、空想から現実化するにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

遥~か昔のお話ではありますが、恋愛の成功例として、前回のブログに高校時代の彼(Hくん)の事を書きました。

私が初めて空想から恋愛を現実化させた成功例です。

もう一度読んで頂けたなら、答えは書いてあるのですが

(これです↓↓↓   宜しければお読み下さい ) 

友と恋と空想と☆ - 空想で幸運を引き寄せ☆

 

 

お読み頂ければ分かりますが、空想の段階において、私は何らネガティブな思考は持っておりません。

ただひたすら、空想の中でHくんと 楽しんだだけでした。

 

そこにいきなり友人が介入し、お世話を焼いてくれて、あれよあれよという間に空想が現実化していったのです。

 

私がまだ恋愛のいろはも知らない時でしたから、楽しい空想以外に余計な思考が浮かばなかったのが功を奏した形になったのですが

 

逆を言えば

 

あのやり方をすれば、恋愛において空想が現実化し、成功する

 

ということなんです。


f:id:shino-sakurada:20180410172146j:image

 

私が仲介屋として大活躍した高校時代、友人達の片想いの成功例と失敗例を簡潔に書いてみます。

 

 

成功した例)  Aちゃんの場合

  1. 『私と同じくらい空想好き』   私と2人でいると必ず『もしもの時間』が始まる。『もしもの時間』とは、『もしも◯◯したら?』の質問を考えて、お互いに答えを出して楽しむ。『もしも子供が出来たらどっちがいい?』『もしもデートするならどこがいい?』など。お泊まりした時は、寝付くまでやっていた。
  2. 『趣味や習い事をしていた』      好きな人のことばかりを四六時中考えていた訳ではなく、切り離す時間を持っていた。
  3. 『ネガティブなことは言わない』       私なんてダメだよね…    きっと好みじゃないよね…   などとは言わない。代わりに『◯◯くんの好みが知りたい!』『次はどんな方法(アプローチ)が良いかな?』と、至って前向き。
  4. 『結果は考えない』      アプローチしている段階で、ダメになる結果は考えない。よって、『もしフラれたら…』などとは考えない。(浮かんできても、長引かせない)
  5. 『好きでいる今を、全力で楽しむ』       片想いの彼の話をする時は、全力で楽しんだ。色んな想像をしてはキャッキャ(σ≧▽≦)σ と楽しみ、面白がり、好きでいる事に幸せを感じていた。

➡️  見事に彼氏GET( v^-゜)♪

 

 

失敗した例) Bちゃんの場合

  1. 『ネガティブすぎる』      フラれたらどうしよう…     彼女がいたらどうしよう…     私なんて、可愛くないし…     と、とにかく思考がネガティブ。
  2. 『他力本願すぎる』         第一段階は仲介屋の私が出動するが、いつまで経っても自分で動かない。『私には出来ないからやって!』が口癖。
  3. 『先行き不安すぎる』     デートで着た服装で、嫌われたらどうしよう…       ◯◯で幻滅されたらどうしよう…      など、起こってもいない事を想像して不安になる。
  4. 『空想がネガティブ』     これは、本当に当時の友人が言った言葉なのだが、『フラれるところばかりを想像してしまう』と。     彼に恋をしている今が、ストレスの塊になっている。

➡️   フラれた(。>д<)

 

 

例に挙げた友人2人を比較的して頂くと、良くも悪くも空想が現実化しているのが分かる。

 

『空想が現実化』=『成功』と思われがちだが、そうではない。

良くも悪くも空想は現実化する。

あなたがどのように、どんな気持ちで空想したのか?それが結果に結び付く。

 

なので、果てしなく、無限に、空想を楽しむことが大切になる。

 

 

とはいっても

色恋に不安は付きもの。

完璧にポジティブ思考でいられるのは、かなり難しいことはよく分かる。

むしろ、不可能に近いでしょう。

成功例のAちゃんは、稀有な存在かもしれません(笑)

空想スペシャリスト(?)の私であっても、やはり恋愛を現実化する難しさは、痛いほど経験した。

 

次からは、私自身の体験談を中心に、書いてみたいと思います。

 

『なんとな~く共感出来るわ』と思われた方がおられましたら、下の方にあるバナーをクリック頂けると幸いです  m(__)m


f:id:shino-sakurada:20180410181834j:image